かけすぎてない!?子供の習い事の費用適正金額を教えます!

こんにちは、リムベアーでございます。
皆さんは子供頃習い事はしていましたか?

ボクは思い返すとたくさんやってましたね。
柔道・バレーボール・野球・空手・ピアノ・学習塾・書道。
しかも3種類くらい同時進行でやってたりした時期も。。。

ボクは3兄弟で、おそらく他の兄弟も
これと同等の習い事をしていました。
となると両親のお金事情のことを考えると大変だったと思います(汗)

そしてボクにも子供が生まれて
ゆくゆくは子供習い事問題をしっかり考えないとなと思っていました。

そこで今回は子供の習い事について調べてみたので
皆さんとシェアしたいと思います!

・お子さんが小さくてこれから習い事をさせたい
・どんな習い事が人気なんだろう?
・習い事の費用ってどのくらいかかるの?

などなど徹底解説させていただきます。

Sponsored Links


子供は全体の約7割が何かしらの習い事をしている

分部科学相の調査によると、平日に「 塾 」や
「 習い事 」をしている子供は全体の73.6%を占めているとのこと。
ほとんどの子供が何かしらの習い事をしているということですね。

ということは習い事の費用というのは
お子さんがいるご家庭にとっては必ず発生する費用と考えて良いですね。

習い事の平均数と月々の平均費用まとめ

次にどのくらいの数の習い事をやっているのか?
そして月々の平均費用はどのくらいなのかを見ていきましょう。

▼1ヶ月にかかる教育費の平均(2011年ベネッセ第4回子育て生活基本調査(小中版)より引用)

・小学1年生 = 12,747円
・小学3年生 = 15,193円
・小学5年生 = 19,564円

・中学1年生 = 15,397円
・中学3年生 = 25,816円

小学5年生時が『 19,564円 』だったものが
中学生1年生になると減少するのは
中学の部活動に入るためかな?と思います。
そして中学3年生になると一気に跳ね上がりますね!
これは高校受験を控えての学習塾代の増加ということでしょうね。

次に習いごとの平均数ですが2~3個の子供が多いようです。
ボクは空手を習っているんですが、子供も多く通っています。
話をすると平気で3種類とか異なる習い事をしています。
日替わりにやってる子とか普通にいて
「 うわ〜俺より忙しいじゃん! 」って驚かされますよホント。

毎日普通に学校に通って、月曜日と水曜日は塾。
火曜日と木曜日は空手。金曜日はテニス。的なね。
土日は試合とかで。それで家に帰ったら宿題があるんでしょ?
君たちいつ休んでるの〜?

習い事にお金をかけすぎていて赤字家計続出!?

親心としては色々なことをさせてあげたいですよね。
子供の可能性を広げる上でも教育費にお金をかけるのは
重要なことだと思います。

けどそれで家計が赤字になってしまうのはちょっと違うのかなと思います。
もちろん収入の適正範囲内なら何個だってさせてあげても良いですね。
ただし赤字になってもやらせるのは大きな間違いです。

家計が健全でない状態は
必ず子供の成長にも悪影響を及ぼすと思うんですよね。
家計にはその家庭家庭に適正金額があります。
なので一概に「〇〇くん、ちゃんがやってるからやらせなきゃ」は言えないんです。

 

習い事は運動系と学習系の組み合わせがベスト

 

色々と調べてみると習い事はやはり『 運動系 』と『 学習系 』
この2つの組み合わせがベストのようですね。
どんなに多くても3種類まで!
そうしないと家計が。。。。

 

習い事ランキングと費用まとめ

次に実際に子供が習っている
習い事の人気ランキングをチェックしてみましょう!
( ケイコとマナブ 習い事特集より引用 )

 

第一位 水泳

調べていくと水泳が不動の人気習い事のようですね!
東大生が幼少期に習っていた習い事ランキングで
一位になったのも大きいようですね。

水泳の主な効果として

・ぜん息の改善効果がある
・姿勢の良い子に育つ
・子供から肥満を遠ざける
・基礎体力が増強される 

などなどあるようです。
確かにプールで泳ぐとめちゃめちゃ疲れますよね。
思うように動くことができない水中で
日々泳いでいたらもう体力はつくでしょうね!

そして肥満を遠ざけてくれるのは良いですね。
今は高カロリーなお菓子がたくさんあって
普通に生活しているだけで太っちゃいそうですもん。

▼水泳の参考費用まとめ 
・入会金 5,000円〜10,000円
・月謝 5,000円〜6,000円(週一コース)
・道具代  4,000円前後

第二位 英語・英会話

小学校の授業にも導入されて需要が高まっているのが
英語・英会話。

特に英語教育は幼児期に受ければ勉強ではなくて
感覚で理解できるようになるようですね。

英語ができるかどうかは、ボクら親世代よりも
子供の学力に確実に影響を及ぼすので小さいうちからしっかりと
学習させたい親が増えたんでしょう。

SNSの進化でボクたちはカンタンに海外の人と関われるようになりました。
ただ、英語がわからないボクはインスタとかでメッセージをもらっても
スルーか絵文字で返すくらいしかできない(汗)

そう考えると英語さえできればよりたくさんの人と
交流を持つことができるので良いかもしれませんね。

▼英語の参考費用まとめ
・入会金 10,000円前後
・月謝  7,000円〜10,000円前後

第三位 ピアノ

ピアノも習いごとの王道的存在ですね。
ボクも小学生の時習ってました。(無理やりでしたけど(汗))

ピアノは特に脳に与える影響が大きく
楽譜を記憶して指先で鍵盤を左右違う指で弾きつつ
楽譜を頭で先読みする。たまにペダルを踏む作業もある。

これによって右脳と左脳と連携が強化されて
記憶力アップが期待できるらしいです。

確かにピアノって複雑ですよね。
同時に色々なことを考える必要がある!

▼ピアノの参考費用まとめ
・入会金 5,000円〜12,000円
・月謝 5,000円前後
・教材費  20,000円前後

第四位 体操

第四位には体操がランクイン!
体操はボクも良いと思いますね。
バランス感覚と柔軟性が養える。
柔軟性があるってことはケガしない体を作れるってことです。
そして体操選手がみんなムッキムキなのでわかると思いますが
相当な運動量であるってこと。

 

第五位 学習塾

学習塾はもう必須なくらいの習い事なのではないでしょうか。
特に高校受験を控える中学生は必須ですよね。

塾のメリットは

・一緒に頑張る友達がいることで学習意欲が高まる
・学校の授業の予習&復習をして基礎学力をつけることができる
・受験対策ができる 

ボクも可能な限り学習塾には行かせたいなと思ってます!

 

第六位 サッカー

以外にもサッカーは第六位。
もっと上位かと思っていました。
だてサッカーってかっこいいじゃないですか!

サッカーのメリットは

集団競技なので協調性を養える
・瞬時の判断力が養える 

サッカーは走ることが大前提のスポーツなので
呼吸器官は絶対強くなりますよね。

▼サッカーの参考費用まとめ
・入会金 10,000円前後
・月謝 7,000円〜10,000円
・道具代  15,000円前後

第七位 書道

書道も不動の人気習い事ですね。
ボクも習っていました(ホントはやりたくなかった(汗))

書道のメリットは

・きれいな字を書けるようになる。
・集中力がつく
・考える力が身につく。
・姿勢が良くなる
・礼儀作法が厳しい教室が多いため礼儀正しくなる。 

特にきれいな字が書けるようになるのは良いですよね。
ボクは書類を手書きするときの自分のじの汚さには
いつもがっかりさせられます。。。
習字習っていたんですけど、イヤイヤだったので全く身についていませんね(汗)

その点ボクの奥さんは小さい頃に習字を習っていて
めちゃくちゃ達筆のきれいな字を書きます。
しかも書くスピードが速い!速いのにきれい!

大人になってきれいな字を書けるってホント良いことです。

▼書道の参考費用まとめ
・入会金 0円?
・月謝 3,000円前後
・道具代  5,000円前後

第八位 ダンス

小学校の授業でダンスが必修化されてから
人気急上昇したようですね。

ダンスのメリットは

・リズム感を養える
・柔軟性・俊敏性が養える
・体力がつく
・チームで踊ることもあり協調性と忍耐力が身につく
・社交性が身につく

 

▼ダンスの参考費用まとめ
・入会金 5,000円前後
・月謝 5,000円〜8,000円

第九位 空手

まさか空手がランクインしているとは思ってませんでした!
確かにボクの通う道場でも子供が多いです。

空手は自分でやっているのでひいき目で見ちゃうんですけど
空手のメリットは

・柔軟性が身につく
・礼儀作法が徹底的に身につく
・正義感が身につく
・チャレンジ精神が身につく。 

まず礼儀作法は徹底的に教えられます。
道場に入るときは必ず礼をして入り出るときも礼をして出る。
先輩には必ず『 押忍よろしくお願いします 』と『 押忍ありがとうございました 』

うちの師範はよく子供たちにこんなことを言っています。

「 ここで学んだ戦闘術は、誰かを傷つけるために使ってはいけません
誰かを守るために使ってください。 」

空手ってどうしても暴力的で良いイメージだと思うのですが
正義の力を養うんですよね。
誰かを倒すためじゃなくて、誰かを守るために日々鍛錬するわけですね。

▼空手の参考費用まとめ
・入会金 5,000円〜10,000円
・月謝 5,000円〜7,000円
・道具代 20,000円 

第十位 そろばん

第十位はそろばん。
実はボクもそろばんは注目しています。
「このデジタル社会でそろばんっておかしくない?」
確かにそろばんなんてもう使う必要ないですもんね。
電卓ありますし!

そこじゃなくてそろばんをすることで脳に与える影響が大きいです。

そろばんのメリットは

・イメージ脳である右脳の開発で頭の中にそろばんを具体化できる
・記憶力を養える
・集中力を養える
・計算力を養える 

記憶力ってやっぱり大事だと思うんですよね。
ボクはすぐ忘れちゃうのでいつもメモをとっているんですけど
記憶力のいい後輩は一回言えばすぐ覚えちゃって
数ヶ月後に同じことをやらせても、しっかりとその記憶を出してきて
やっちゃうんです。

記憶力は大人になってだいぶ役に立つし
頭の中でそろばんをイメージして弾くとかすごすぎます。

そろばんはもっと上位にランクインしても良いのではないかと思うほど
ボクは注目してますね。

▼そろばんの参考費用まとめ
・入会金 0円?
・月謝 3,000円〜6,000円前後
・道具代  7,000円

リムベアーの子供の習い事の考え方

ボクはやっぱり『 運動系習い事 』と『 勉強系習い事 』の
2つがベストかなと思っています。

ただそれだけ決めてあとはムスコのやりたいものをやらせようかなと。
個人的にはそろばんと習字やってほしいけど。
空手はムスコが殴られてるところ見たくないので
できればやってほしくない(汗)

本人が楽しくないならホント意味ないと思うので
楽しくやれるものが見つかると良いですよね!

ちなみにボクが通っている道場の子達は
やりたくないって泣いて道場の隅で稽古が終わるまで
やらない子とか普通にいます。

けどやる気があるときはみんな楽しそうに
子供同士遊びながらやってますね。

子供だって大人と一緒で気が乗らないときがありますよね。
ボクなんかは気が乗らなかったらサボっちゃいますけど(汗)
子供は行くか行かないか決めるのは親ですから大変ですよね。

ただし予算はしっかりと決めていきたいと思います。
一般的に子供の教育費に充てられる予算って

手取り月収の10%

となんて言われたりします。(あくまで目安)
手取り月収20万円なら『 20,000円 』
手取り月収25万円なら『 25,000円 』
手取り月収30万円なら『 30,000円 』
手取り月収40万円なら『 40,000円 』

ボクの場合だと手取り月収が20万円くらいなので
『 20,000円 』までですね。
ボク的にちょっと多いかなという印象。

なんで最高がこの金額って考えます。
低いにこしたことありませんからね。
なのでムスコが「 父ちゃんあれやりたい! 」
ってなったらとりあえず片っ端から通えるところリサーチして
口コミや月謝を調べて決めます。

 

まとめ

以上今回は子供の習い事について紹介させていただきました!
可愛い子供のためなんでもやらせてあげたいと思うのは
自然な流れです。ただそれが家計を圧迫して
日々の生活を脅かしては本末転倒ですよね。

しっかりと予算意識を持って
可能な限り子供のやりたいことを実現させてあげるのが
現実的かもしれないですね。

あなたのお子さんの習い事選びの参考に
少しでもなれたら嬉しいです!

終わり!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

『 節約ってみんなどうしてる?(ブログ村テーマ) 』
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
家計簿*お金事情*
前向きになれる言葉
節約ライフ

『 断捨離成功のカギは先人の知恵にあり!(ブログ村テーマ) 』
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
断捨離でゆとり生活
少ないモノで暮らす
シンプルで豊かな暮らし

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押して応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

sponsored links