ココロがスッキリ!ミニマリストになって良かった3つのコト

こんにちは、ミニマリスト系FPリムベアーです。
ボクはもともとモノを溜め込むヒトで
部屋中モノだらけでした。

そんな自分がイヤになり5年ほど前に
ミニマリストになったわけなんですね。

そんなモノだらけ人間と
ミニマリストの両方を経験してみて
ミニマリストになって良かったなーって
思うことを今回は3つ紹介させていただきますよー。

ミニマリストになりたいなって方の
何か参考になれたら嬉しいです!

Sponsored Links


ムダ遣いが減ってお金が貯まる

 

まずはこれからいきましょう。
ミニマリストになって良かったコトでも
イチバン良いなって思うのは
ムダ遣いが減ってお金が貯まりやすくなったコトですね。

昔のボクはとにかくモノが好きで
何か欲しいモノがあって
それを買うと、スグに新たな欲しいモノが現れて
それをまた買うっていう
物欲の無限ループ状態でした。

モノが欲しいってよりは
買うっていう行動が好きだったのかも。
とにかく毎日のように
お金を使っていましたね。

そんな状態ですから貯金なんて
貯まるわけがなくて

残高が10万円くらいあると
「お、貯まったなー」なんて
本気で思ってましたもん(汗)

それがミニマリストになると
一変しましたねー。
まずお金を使わなくなります。

喉乾いたなーって思ったら
昔のボクなら自販機で炭酸ジュースを買ってたと思います。

今のボクはマイボトルに水道水入れて
それを飲んでます。
毎日会社に持っていく飲み物は白湯ですからね。

それで十分なんです。
要は水分補給できれば良いわけですからね。

ボクはホシイモノリストをつけているんですけど
もう1年くらい空白のままです。

それはなぜか?
多分生活するために必要なモノは
もう十分持っているからでしょう。

昔のボクは手に入れても手に入れても
まだ足りない、まだ何かが足りないって思ってました。

今のボクはもう十分ある。
あれがなくても十分暮らすことができるって
考え方に変わったんですよね。

使うところにはもちろん使いますけどね
使わなくてもいいこと、無駄なお金の使い方
それはほとんどなくなりました。

 

スキキライが明確になる

ミニマリストになると好き嫌いがはっきりしてきます。
それはきっと今の自分にとって
必要なものといらないモノを
区別するのと一緒のことだと思います。

ハッキリと区別できちゃいますので
好きなモノはより愛せる
キライなモノはスグに断捨離できる。

それが続くとどうなるか。
自分の周りが好きなものでいっぱいになります。

それはものだけのことじゃなくて
物事でも同じようにできるようになります。

ムダな時間を過ごすよりも
自分にとって価値のある時間を過ごせるようになるんです。

例えばボクの場合仕事帰りにキライな先輩に飲みに誘われても
即断っちゃいますね。
「けど先輩だし断るのは良くないな」とか
一瞬はよぎりますけど

それよりも早く家に帰ってムスコに会いたいですもん。
ガマンしてイヤな時間を過ごすよりも
スパッと断ち切って大好きなヒトと過ごす時間の方が
よっぽど価値のある時間です。

 

カラダもココロも軽くなる

これはホント感じます。
カラダとココロが軽くなる。

モノに囲まれた生活をしていたボクは
とにかく体がダルかったんです。
常にストレスを感じてるような状態で
とにかく眠かった(笑)

これは今考えると当たり前なのかなと。
自分の部屋に帰ってきて思っていたことは

「片付けないとな」とか
「これ捨てたいんだけどな」
「ゴチャゴチャしててもうどうしよもないな」などなど。

毎日家に帰ってくるたびに
ダメな自分を見せつけられていたんですね。

できない自分がもどかしくて
けどどうすることもできない。

やらなくちゃいけないコトがたくさんありすぎて
途方に暮れてカラダが重くて
ココロもストレスを抱えてる。

ミニマリストになるとこれが
サッパリとなくなりましたね。
常にカラダは軽くて
ココロもスッキリしている。

気分も良いので
何にでも挑戦できるような気がしてくる。

 

まとめ

 

「ミニマリストになりたいんだけど、どうなの?」
って相談されたら
ボクは迷わず勧めちゃいます。
そのくらい人生が変わりましたからね。

以上今回はモノだらけ人間だったボクが
ミニマリストになってみてわかった良かったコトを
紹介させていただきました!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

家計の不安やモヤモヤをスッキリさせる
対面&ネット電話での家計相談スタートしました。

 ▶︎詳しく見てみる 

 

 

sponsored links