断捨離がうまくできないときに確認してほしい3つのコト

sponsored links



こんにちは、ミニマリスト系FPリムベアーです。
断捨離お疲れさまです!
慣れない作業は疲れますよね。

慣れない断捨離で壁にぶつかっていませんか?
どうしてもうまくできなくて
モノがなかなか減らない。
それどころか増えていってしまう。

そんなときに一度立ち止まって
確認してほしい3つのコトを
今回は紹介させていただきますよー。

Sponsored Links


目標があいまいになっている

 

 

目標設定をちゃんとしていますか?
やっぱり目標があいまいだとうまくいきません。
例えばダイエットなんかもそうですよね。

成功のカギはまず目標体重を設定する。
そして次に期間を設定する。
あとは1週間や1ヶ月ごとに小さな目標を設定して
最終的に目標達成を目指す。

目標があいまいで
ただなんとなーく断捨離していると
続けていくのはなかななむずかしいでしょう。

なんだか最近断捨離がうまく進まないなって思ったら
まずは一度立ち止まって
自分がどんな部屋に住みたいのか?
どんな暮らしをしたいのかを
具体的に紙に書いてイメージしてみましょう。

そしてその目標を頭に浮かべながら(←これ大事)
毎日コツコツを続けていきましょう。

関連記事:

モノを減らすよりも増やす方に意識がいっている

 

断捨離がうまくできないと理由の
大半を占めるのはこれです。
モノを減らすよりも増やす方に意識がいっている。

毎週末しっかりと断捨離をガンバって
モノを捨てている。
なので部屋からモノが
どんどんなくなっているハズなのに!
モノが一向に減らない。

それはきっと捨てるコトと同じくらい
増やしてしまっているからです。

これは以前にもブログで紹介した
断捨離地獄に陥ってしまっています。

関連記事:あなたは大丈夫?断捨離地獄に陥ってしまう2つの行動

捨てても捨てても断捨離がうまくできないのは
これのせいでしょう。

モノを減らす以上に大切にしてほしいコト。
それはモノを増やさないコト。

単純な話で、モノを減らしていって
新たにモノを増やさなければ
どんどん減っていきますよね。

なにかモノを買おうかと思ったとき
それが断捨離のジャマをしているんだというコトを
もう一度確認してみましょう。

関連記事:

 

どうせできないって思っている

 

 

「どうせめんどくさがり屋のわたしがうまくできるはずない」
そんなコトを思っていませんか?
やっぱり意識てすごく大切で

「できるはずがない」とか
「どうせわたしなんて」とか
そんな風に思ってしまっていると
どんどんそっちに流れていってしまいます。

「できるはずがない」って感情は
「ほらね、やっぱりできなかった」
を連れてきてしまいます。

そうじゃなくて自分を信じる。
「わたしならできる」

この意識って大切です。
ボクも何かをやろうとしているとき
ココロのどこかで
「どうせボクなんかが・・・」
そんなコトが頭をよぎります。

けどそんなときは
「ボクならできる」
何度も呪文のように唱えていますよ。

断捨離の成功は技術うんぬんではなくて
ココロで決まります。
まずは自分を信じるところからはじめてみましょう。

関連記事:

まとめ

それでは最後にもう1度確認してみましょう。

  1. 目標設定があいまいになっている
  2. モノを減らすよりも増やす方に意識がいってしまっている
  3. どうせできないって思っている

断捨離は長期戦です。
短期間で結果を出そうとすると
必ず失敗してしまいますからね。

ゆっくりとで良いので
着実にモノを減らしていきましょう。
そして減らしたら
今度はもう必要以上にモノを増やさないようにする。

スッキリとした理想の部屋で
心地良く生活している自分を
頭に思い浮かべながら

一緒に断捨離がんばりましょうね!