貯金を増やすためには思考が大切です!貯金を増やすコツをFPが徹底解説!

 

こんにちは、ミニマリスト系家計コンサルタントのリムベアーです。

貯金を増やしたいけど思うように増えない
いつのまにかお金がなくなってしまう
貯まったお金を使っちゃう。などなど

お金のことで悩んでいるヒトって多いですよね。
昔のボクもそうでした。全然お金が貯まらなくて
けど理由が自分では分からずに
モヤモヤしる日々を過ごしていました。

お金を貯めるためには行動よりもまず先に
思考を変える必要があります。
思考が伴っていない行動はハッキリ言って意味がないでしょう。

今回はお金を増やすための大切なことを、複数の章に分けて
FPの資格を持つミニマリストのボクが解説します!

Sponsored Links


「世の中お金がすべてじゃない 」けどお金がないと何もできないのも現実です。

 

「 世の中お金がすべてじゃない 」
ボクもそれは間違いないと思います。お金がすべてなんて考えたくないです。
ただし、お金がないと何もできないのもまぎれもない現実なんですね。

ボクたちは何をするにしてもお金がかかります。
例えば休日家にいて、電気をつけていれば電気代がかかるし
料理をすればガス代がかかるわけです。
車でどこかへ行けばガソリン代がかかる。

お金って生活から切り離せない話。
そんなお金のことを「 お金がすべてじゃない 」と
見て見ぬ振りをしている人が多いです。

お金がすべてじゃないけど
お金ってあった方が幸せになれるって思いませんか?
家族みんなで幸せになるためにもお金のことは
遠ざけずにしっかりと考えていく必要があります。

 

 

あなたの貯金が増えない理由

貯金を増やすことが苦手な人には
いくつかの共通点が存在します。

  • 自分たちが何にいくら使っているのかわかっていない。
  • 節約は貧乏人のすることだと思っている
  • 見栄っ張りで自分を過大に見せようとする
  • お金が足りなくなったらクレジットカードを使う。
  • 借金をすることに抵抗がない
  • トレンドに流されやすく流行りにすぐに手を出してしまう
  • 休日にはどこかへ行かないと気が済まない
  • 部屋がモノだらけで散らかっている
  • お金を使うことでストレスを発散している
  • 生活費を引いたお金が貯金だと思っている

 

 

貯金を増やすための基本的な3つ考え方

 

貯金を増やすためには基本的に3つの方法があります。

・日々の支出を把握して、支出を最小限にする。
・スキルアップや副業をして収入を増やす。
・投資をしてお金を増やす

 

 

日々の支出を把握して、支出を最小限にする

 

まず大切になってくるのが支出の見直しです。
支出には適正な割合が存在します。
わかりやすいところで言えば『 住宅費 』でしょうか。

賃貸アパートを探すときなんかに不動産屋さんの営業さんから
「 大体手取り月収の1/3くらいで探しましょうか 」なんて
言われた記憶のある人は多いはず。

この数値が正しいのかは置いておいて
こんな感じで支出には適正な割合が存在します。
日々の生活費をいかにこの割合内に収めることができるか。
そして試行錯誤して日々の支出を最小限にできるのかが大切になってきます。

 



 

 

スキルアップや副業をして収入を増やす

 

貯金を増やしたいって思った人が真っ先に思いつくのが
この方法ではないでしょう。
収入を増やせば貯金に回せるお金が増える。

資格勉強をして本業の手取り月収アップを目指したり
空き時間に副業をして本業とは別ルートでの収入アップを目指す。

 

 

投資をしてお金を増やす

 

最後は投資をしてお金を増やす。
言い換えると『 お金に働いてもらう 』とも言えますね。
株を購入して分配金でお金を増やしたり、投資信託を購入したり。
貯金に余裕が出てきたらチャレンジしても良いものです。

ちなみにボクも投資信託を運用しています。

 

 

大切なのは取り組む順番

 

上で説明した3つの考え方で、最も重要なのは『 取り組む順番 』です。
ベストな順番は1つしかありません。
この順番を間違えると結局貯金が増えないなんてことも
起こり得るので注意しておきましょう。

▼ベストな取り組む順番
支出を把握して、支出を最小限にする

スキルアップ、副業をして収入アップする

お金を投資する

 

この順番を間違えているから貯金が増えないんですね。
例えばボクがよくみる典型的な失敗パターンとしてこんなものがあります。

これは結婚していてコドモがいるご家庭のパターンです。
毎月赤字なのをなんとかしたくて、奥さんがパートをはじめる。
旦那さんの扶養内で働くため月8万円ほど稼ぐ。

年間にしたら96万円と大金です。
さぞ貯金ができているであろうはずです。
しかしいざ1年経過してみるとお金が一銭も貯まっていない。

これはホントよく聞きます。
最近でも子供の幼稚園代の2万円を稼ぐために
月6万円のパートをはじめた知り合いがいました。
幼稚園代は2万円なので残りの4万円は貯金できるはずが
結局使ってしまって以前として貯金はゼロ。

これの原因は上で説明した順番を間違えたせい。
自分たちの支出を把握する前に収入を増やしてしまったため
支出の管理ができていなくて
収入が増えた分生活が豪華になっただけで終わってしまう。

 

他には闇雲に投資を始めてしまって大損してしまう。
これはあっという的なスキルアップのなさが原因。
早く結果を出したくて勉強もせず「 みんながやってるから 」
なんて安易な理由で大金を注いでしまう。

取り組む順番ってかなり重要です!
貯金を増やしたいって本気で思うなら
まずは支出の把握、削減からはじめましょう。

 

 

お金の使い方は大きく分けて3つある

お金の使い方には大きく分けて3つあります。
『 消費 』『 浪費 』『 投資 』です。

 

▼消費▼
生活するために必要な物を購入するためのお金。
住宅費、車両費、食費、日用品費、医療費など。

 

▼浪費▼
生活するために必要ない物を購入するためのお金。
許容範囲をオーバーした消費、タバコ、お酒、ギャンブル費など。

 

▼投資▼
将来のためにするお金。
書籍代、セミナー代、貯金、ジムの月謝など。

 

この3つはどれもボクらの生活には必要なお金です。
悪だと思われる『 浪費 』についてもある程度はないと
つまらない生活になってしまうので必要です。
( かけすぎは問題ですよ! )

大切なのは各項目内の『 お金の使い方の質 』です。
質の悪い使い方をしているものは見直す必要があります。

 

 

消費を見直す

 

消費の見直しで大切になってくるのは
予算を設定して、その予算内で生活をするということ。
例えばボクの場合『 食費は25,000円 』『 衣服費は5,000円 』
『 日用品費は5,000円 』などなど予算が決まっています。

限られた予算の中でやりくりをするクセをつけること。
これができるようになると日々の総支出ある程度予測できるようになるため
貯金を増やすことが計画的にできるようになります。

▼合わせて読みたい記事

 

 

浪費を見直す

 

貯金が苦手な人にまずやってもらいたいのは
浪費の見直しですね。
浪費をしすぎているのが貯金が増えない原因でもあります。

1、タバコをやめる
2、賭け事をやめる
3、晩酌をやめる
4、セールに惑わされない
5、外食をしすぎない
6、ふらっとコンビニに立ち寄らない
7、何かを買うことでストレス発散をしない

 

浪費はかけすぎもダメですが、かけなさすぎもダメ。
バランスの良くかけていきましょう。

 

 

投資を見直す

 

最後に投資の見直しについて。
貯金を増やしたい、部屋をキレイにしたいなどなど
しっかりとした目標があって
その目標のために勉強をしている人はたくさんいます。

セミナーに行くとか書籍を買って空き時間に読むなどなど。
素晴らしい自己投資にも取れますよね。
ただし、残念なことに『 勉強はするけど実践できていない 』
そんな人が多いです。

『 やった気になってしまう 』ってことですね。
健康のため、スタイルキープのためジムに通う。
素晴らしい自己投資の1つですね。
けど数ヶ月行ったら飽きてしまって、行かないジムの月謝を払い続けている。

貯金を増やすためにたくさん書籍を買ってきて勉強する。
けど読んだだけで『 そんな本を読んでいる自分 』に満足して
実践せずに終わってしまっている。

ハッキリ言って読んだだけで実践していないのは
読んでいないのと同じことです。
どうせお金をかけるならしっかりと成果を意識して取り組みましょう。

 

▼合わせて読みたいトラコミュ

 

 

貯金を増やすために大切な10コのポイント

それでは最後に貯金を増やすために大切なことを
10コのポイントに分けて解説していきますね。
この10コができれば必ず貯金を増やすことができますよ!

 

 

家計簿をつけて収支を把握する

 

貯金を増やすために最も大切なことは
収入と支出を把握すること。
自分たちの収入はいくらあって、何にいくら使っているのかを把握する。

誰かに「 ねえねえ、月の食費っていくらでやってる? 」って聞かれたら
すぐに答えられるようにしておくくらいがベスト。
家計簿をつけて収支を把握すると、自然と自分たちのお金の出入りに興味が湧いてきます。

 

 

「 え、外食費にこんなに使っていたんだ! 」
「 洋服買いすぎでしょ 」
「 お出かけに月こんなに使っていたんだ! 」などなど

 

こんなことで十分すぎる成果なんですね。
家計管理で大切なことは『 クリアにすること 』
靄がかかったような不透明な家計だと
どう頑張っても貯金は増えないでしょう。

▼合わせて読みたい記事

 

 

欲しいものは『 逆分割 』で買う

 

あなたはどうしても欲しいものがあったとき
それをどのようにして購入しますか?

例えば10万円の何かを欲しいとします。
貯金は100万円あるとして貯金で買えちゃいますよね。

けどボクの場合は積み立てをして購入します。
毎月1万円を10回積み立てる。
貯金には手を出しません。

その欲しいものが手に入るのは
10ヶ月後ということになりますね。
この思考ってとても大切です。
貯金があるから買うんじゃないんですね。

仮に今回10万円を貯金から買ったとして
預金残高は90万円になってしまいます。
こういうことを後9回繰り返したら
あっという間に100万円を使い切ってしまいます。

せっかく頑張って貯めた100万円が
なくなってしまうのは切ないですよね。

けど積み立てれば100万円には手を出さずに
時間を味方につけて購入できちゃうわけです!

貯金がないのに10万円のモノが欲しい!ってなったとき
親に借金して買うとか、友達から借りる

消費者金融から借りいれる
クレジットカードの分割払いで買う
クレジットカードのリボ払いで買う
などなどは間違ってもやってはいけませんよー。

それは未来の自分に足かせを取り付けるようなもんですからね。
お金がないならガマンする!頑張って積み立てる!

貯金を増やすためにはこの思考が特に重要です。



 

長期的目標を持って生活する

ボクは60歳までに
3000万円貯金をするっていう目標があります。
3000万円という金額ってものすごいですよね!

けどこれも時間を味方につければ
なんてことない目標へと変わりますからねー。

ボクは27歳のときにこの目標を掲げました。
ということは60歳まではあと33年あるわけですね。

3000万円を33年で割ると
3000万円 ÷ 33年 = 約90万円
年間90万円貯蓄できれば
60歳を迎える時には貯金が3000万円になっているわけです。

3000万円っていうと果てしないけど
年間90万円ならできそうな気がしませんか?

時間を味方につけて、あとはコツコツ努力を重ねる。

それが果てしないはずだった目標を現実にする思考。
貯金は大切です!

 

 

明確な目標を立てる

 

貯金を増やしたいとホンキで思うなら
明確な目標を立てるコトが大切です。

例えばボクの場合
『ハワイ貯金』というのをしています。

単純にハワイに行くための貯金です!
月20,000円をメイン口座とは別の
専用口座に移して貯金していますよー。

年間で24万円。貯金できるコトになります。
2年間で48万円。3年間で72万円。

明確な目標があると
日々の節約もがんばれちゃいます。

「あーもっと外食したいなー」
「洋服欲しいなー」
目標があれば
「けどハワイのためだ、ガマンガマン」
ってな具合ですね。

他にも年間100万円貯金する!とか
年1海外旅行に行く!とか
自分がイチバンテンションの上がる
目標を立てちゃうんです。

きっとがんばれますからぜひ意識してみましょう!

 



 

 

日々の小さな出費も妥協しない

 

「少額だからいっかー。」妥協した支出。
これって一回あたりは少額でも
年間で考えてみると実はスゴイ金額に
なっているかもしれませんよー。

例えばランチ代。
月22日勤務(週休2日)として毎日外食していたとしましょう。
一回あたりのランチ代が700円とすると

700円 × 月22日 = 15,400円 

 

月15,400円。年間で考えてみると

 

15,400円 × 12ヶ月 = 184,800円

 

年間で20万円弱ランチ代にかかってしまっています。
節約のオニのボク的には外食は週一がベスト。
平日に外食するのはゼイタク中のゼイタクですね。

仕事終わりについつい買ってしまう
お菓子とジュース代300円。

たいして読みもしないのに
買ってしまう雑誌代500円

見栄で後輩に奢ってしまう自販機ジュース代150円

こんな少額の支出でもね
そういう支出を全部合わせて年間で考えてみると
ものすごい額になってたりしますからね。
日々の少額支出を甘くみてはいけません。

 

▼合わせて読みたい記事

 

 

ゼイタクは週に一度くらいがちょうど良い

貯金が苦手な人は毎日ゼイタクしちゃいます。
感覚がマヒしてしまったいるため
ゼイタクが当たり前になっています。

けどねそんなにゼイタクしてると
お金なんてソッコーでなくなってしまいますよー。

ゼイタクは週一くらいがちょうど良いんです。
もっともわかりやすいやり方は
仕事のある日は節約。
お休みの日の1日はゼイタク日にしてしまう。

ボクはこのやり方をしています。
仕事の日はとにかくお金を使わないようにします。
ボク平日は財布にお金入れてません!

緊急用に千円札を折りたたんで入れてるくらい。
これもまー使ったことありません。

そして週末は家族で外食したり
何か買い物に行ったりするわけですね。

 

 

現実から目を背けない

 

よくこんなことを聞きます。
「 家計を立て直したいけど、現実を見るのが怖くて、、、 」
これまで好き放題だった家計の現実を見るのは勇気がいります。

ダメな自分を改めて見せつけられるみたいな怖さがありますよね。
ですがその恐怖に負けてはいけません。
現状を把握しないと前へは進めないからです。

逆に考えれば今知ることができたのはラッキーですよ!
スタートに遅いなんてことはない。
30代だって、40代だって、50代だって
マイホームをローンで買った後でも
リボ払い地獄に陥ってしまっていても
いつだってスタートできます。

まずはしっかりと現実を見ましょう。
話はそこからです。

 



貯金できないのを誰かのせいにしない

 

「 貯金が増えないのは世の中のせい 」
「 貯金が増えないのは浪費家の夫のせい 」
「 貯金が増えないのはボーナスが少ない会社のせい 」
「 貯金が増えないのは子供が3人もいるせい 」
「 貯金が増えないのは親がしっかりと私にお金の教育をしてくれなかったせい 」

などなど貯金が苦手な人って誰かのせいにしがちです。
きっとできない自分を一生懸命正当化しているのでしょう。
しかし、残念なことにどんな状況だって貯金を増やすことができている人はいます。

誰かのせいにするとキリがないんですね。
誰かのせいにすると被害者意識が増していって
ドンドン貯金できない状況に自分から連れていってしまいます。
「 ほらね、だから私は言ったんだよ 」この思考にたどり着きたくて。

貯金ができないのを誰かのせいにするのはやめましょう。
「 できない 」理由を探すんじゃなくて
「 じゃーこの状況でどうやったら貯金を増やすことができるのか? 」
こう考えることが大切です。

 

 

クレジットカードを魔法のカードと思わない

貯金が苦手な人はクレジットカードの使い方を間違えている人が多いです。
クレジットカードはお金がないときに使う魔法のカードだと思っている。
それは大きな間違いです。

クレジットカードは確かにその時はお金を払わなくて済みます。
けど確実に未来に支払いが待っています。
クレジットカードっていうなれば
「 今の自分にラクさせて 未来の自分の首を絞めている 」んです。

クレジットカードは魔法のカードではありません。
ボクのクレジットカードの解釈はこうです。

キャッシュレスで会計の手間を省いて、ポイントを貯めるもの。

 

ボクは分割払いやリボ払い、キャッシングはやりません。
支払い方法は一括払いのみ。ただただ日々の買い物のキャッシュレス化と
ポイントを貯めるためだけに使っています。

クレジットカードの認識をもう一度確認してみましょう。

▼合わせて読みたい記事

 

 

「 どうせ私なんて 」を使わない

 

「 どうせ私なんて変われるはずがない 」
「 どうせ私なんて貯金ができるはずがない 」
「 どうせ私なんて、、、 」

こう考えている以上貯金を増やすことは難しいでしょう。
それはこういてしまっている以上
必ず自分をそこに連れていってしまうからです。

「 どうせ 」は「 ほらね 」を連れてきます。
「 ほらね、やっぱりできなかったじゃん 」
「 どうせ 」という言葉は自分の可能性を潰す最も最悪な言葉ですよ。

「 私にはできる 」
「 私ならできる 」

信じることを諦めてはいけません。
貯金を増やすために最も大切な思考はこれです。

自分を諦めない、そして否定しない。

 

 

まとめ

お金は有限です
把握しないで使い続けていると、いつの間にかなくなってしまいますからね。

退職金を何千万円ももらったのに、数年で無くなってしまったなんてよくある話。
それはなぜか?何千万円も持ってるんだから
まだ大丈夫、まだ大丈夫って支出と収入の把握をしていなかったから。

将来の自分のために、愛する家族のためにも
そして未来に起こるかもしれない
さまざまなリスクを最低限カバーするためにも

ボクといっしょに貯金がんばりましょうね!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

↑ブログランキングに参加中。
ポチッと押して応援いてもらえると嬉しいです!

sponsored links