ミニマリストはストレスも最小限に!日々を心地良く過ごすための3つの方法

こんにちは、ミニマリスト系FPのリムベアーです。
ボクはミニマリストなんですけど
モノだけじゃなくて
ストレスも最小限にする努力をしています!

もともとボクはストレスを
溜めやすいタイプなので
何も考えていないと
ネガティブ一直線(汗)

そんなボクは日々意識している
ストレス最小限にして
日々を心地良く過ごす方法を
紹介させていただきますよー。

Sponsored Links


言い訳をする

 

昔学校の先生に怒られているとき
口答えなんてしたら「言い訳するな!」
なんて怒られたりしましたよね。

なのでボクたちは言い訳をするコトは
悪いコトだと思って生きています。

確かに言い訳は悪い!
まして自分が悪いのに言い訳とか
ホントダメですよね。

けどね、自分の中では言い訳しまくりましょう。
自分の中では誰も聞いていませんから。
たとえ自分が悪くても言い訳しちゃうんです。

例えば仕事中に自分の不注意でミスをしたとしましょう。
当然上司から怒られますよね。
そしたら「すみません、今後気をつけます」ってなります。

けど自分の中では
「けどあれは会社の体制が悪いよねー」
「なんか調子悪かったんだよねー」

的なね。

イチバンダメなのは自分を追い込んでしまうコトです。
「あーミスしちゃったー何やってんだ俺、ダメなやつだ」

そんなコトしてたらドンドンネガティブになってしまいます。
ミスなんて仕事をしている以上避けては通れないモノです。

負の感情を自分にとどめすぎないコト。
言い訳して「俺悪くないもーん
これでokなんです。

 

適当になる

 

ボクが常に意識しているコト。
それは『適当になる』です。

世の中には割り切れないような
不条理な出来事で満ちています。

それを真面目に受け止めすぎると
ホント辛すぎますよー。

なので適当になるコトが重要なんですね。
「まいっか!」
「なんとかなるでしょ!」

仕事でミスしたとき
自分を責めまくりたくなりますよね。
「何やってるんだ自分、ちゃんと確認しなさいよ」

けどね、自分を責めたところで
良いコトなんてひとつもありません。

そんなときは「まいっか!」
この「まいっか」は
過去への後悔の気持ちを
一瞬にして消して前に進めるようにしてくれる
力を持っています。

思い詰めても何も始まりません。
後ろを見て後悔しているくらいなら
ソッコーで開き直って前を見て
次に活かしましょう。

 

できないコトは切り捨ててできるコトを伸ばす

 

ボクたちは自分のできるコトよりも
できないコトに意識がいくようにできています。
向上心からなのでしょう。

もっと良くなりたい、もっとできるようになりたい
もっと上を目指したいから
できないコトなんて恥ずかしいコトなんだと
頑張りすぎてしまう。

けどね、できないコトがあっても良いんです。
できないコトにとらわれているくらいなら
できるコトをさらに伸ばしましょう。

できないコトを考えている時間より
できるコト考えてる方が楽しいでしょ?

できないコトが薄ーくなるくらい
できるコトで目立ってしまえば
できないコトなんてどうでも良いですよね。

できないコトを練習する。
やっぱりできない。
どんどん落ち込む。

こうじゃなくて
できるコトをさらにできるようにする。
できるから楽しい。
もっと磨く。
ドンドン楽しくなって
ドンドン上手くなる。

これなんです。

 

まとめ

 

最後に復習してみます

  1. 言い訳する
  2. 適当になる
  3. できるコトをさらにできるようにする

日本は忍耐とか努力とか我慢とかが
美徳とされています。
けどそんな常識は捨ててしまいましょう。

もっとラクして良いんです。
もっと楽しくて良いんです。

自分の楽しいコトをもっとするコト。
苦しいコトなんて断捨離しちゃうコト。

以上日々を心地良く過ごすための3つの方法でした!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
いつもポチッと押して応援ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ ←ポチッ

sponsored links