子供がいてもスッキリ暮らすために大切な5つのコト

ボクは現在1歳半のムスコがいまして
奥さんとムスコと42㎡の1LDKに3人暮らしをしているのですが
インスタでも実生活でもよく聞かれるコトがあります。

「コドモがいるのになんでそんなに部屋がキレイなんですか?!」

その答えを今回は紹介したいと思いますよー。
コドモがいるから部屋が散らかっているって言っている方は結構います。

コドモがいてもスッキリとした部屋で気持ち良く、そして心地良く暮らしませんか?

Sponsored Links


1、コドモの荷物分自分たちの荷物を捨てる

コドモが生まれるとモノが確実に増えますよね。
だってヒトがひとり増えるわけですからね。
ボクの家の場合は今まで2人分で良かった荷物が
3人分になるわけですからね。

けどボクのうちではほぼ増えていません。
それはなぜなのか?

それはムスコの荷物が増えた分自分たちの荷物を捨てたから。
断捨離のやり方は別記事で徹底解説してますのでよかったらこちらも合わせてどうぞ。
関連記事:持たない暮らしは最強!持たない暮らしに憧れる人に意識してほしい5つのこと

コドモが授かったコトがわかってから
最初に取り掛かったのが
コドモのモノを置くためのスペースの確保と
モノを入れるための収納の確保でした。

もう一度自分たちの荷物を再確認して
ドンドンモノを減らしていきました。

普通ならコドモ用の収納家具を買ったり
もしかしたら引っ越しするヒトもいるかもしれませんね。

けどね、きっとそんなコトをしなくても
家にある不用品を捨てるだけで
十分いけちゃいますよー。

「部屋が狭くなってきたなー
そろそろ引っ越ししなくちゃなー」

いえいえ、それは引っ越しの合図じゃなくて片付けの合図です。

 

 

2、おもちゃは一定の量まで

 

コドモのモノでイチバン場所をとるモノ
それはおもちゃ。
これはなかなかムズカシイモノですね。

ドンドン増える!
なのでボクの家では一定量を超えたら捨てるコトにしました。

例えば箱3つに入る量までと決めちゃう。

コドモはたからものです。
可愛い可愛い我が子にはなんでも買ってあげたくなる気持ち痛いほどわかります!

けどね、愛情=お金、モノじゃない事をもう一度再確認してみましょう。

 

 

3、狭い部屋で暮らす

コドモが生まれると想像以上に自分の時間がなくなります。
育児はホント大変です。

自分にコドモが生まれてから世の中のお父さんお母さんをホント尊敬しています!
お疲れ様です!

コドモに時間を取られるため掃除が行き届かなくなることもあるでしょう。
なのでなるべく狭い部屋に暮らすと良いですよ。

ボクの家は42㎡しかない賃貸1LDKです。
狭いので掃除がラクです。
さらにモノも少ないので、おそらく一般的な家庭の
半分以下の労力で掃除をするコトができます。

これが部屋がたくさんある家に住んでいると掃除だけでも超タイヘンですからね。
ドンドン掃除が行き届かなくなって部屋が汚れていくでしょう。

もちろんボクはコドモが小学生くらいになれば引っ越しを考えています。
けど、今の広さにあと4畳半くらいの部屋をプラスくらいで問題ないかなと思います。

sponsored links


 

4、出したら戻すの徹底

 

コドモが生まれたらもう一度再確認してほしいコト。
それは『 出したら戻すの徹底 』です。
これができていないと、ドンドン部屋が汚れていきますよ。

逆にこれさえできて入れば
極端な話掃除しなくてもキレイは保てます。

なんで部屋が散らかっていくのかというと
使ったモノを出しっぱなしにするからなんですね。
ホントにこれだけなんです。

コドモが生まれたら時間がなくなりますからね
出したらソッコーで戻す。
コドモのおもちゃなんかもそうですね。

子供は散らかすことが仕事のようなところがあるなって思います。
部屋の中のモノをあちこち触って、見て、散らかしながら
人生の勉強をしているんだと思います。

「 こうするとどうなるんだろう? 」
「 ここをこうしたらどんなふうに変わるんだろう? 」
なんて具合に。

なのでお子さんがいる家庭で部屋が散らかるのはごく普通の当然のことです。
我が家も普通に散らかっている時間帯だってあります。

じゃー何悪いのか?
それは散らかったまま放置し続けてしまうこと。

子供は散らかすもの。
そう思えばまず子供が散らかすことにイライラしなくなります。
そして次に考えるのは、どうやったら最速で部屋を片付けることができるのか?

ボクは日常の動作の中に『 部屋の片付け 』を組み込んでいます。
気になったら即片付けちゃう。
もちろんムスコがもう遊び終わった場所ですね。

夜まで放っておいた時が散らかり度数【 100 】とします。
そしたら【 10〜30 】くらいの時に都度0に戻しちゃうイメージですね。

そうすればただでさえ育児で疲れている夜に
散らかり度数【 100 】の部屋を一気に片付けなくて良くなるわけです。
小さいうちにやっつけてしまう。

そして部屋の汚れを次の日に持ち越さないってことも重要ですね!
その日のうちにリセットすること。
朝起きた時は、常に整った状態にする。

家族が出しっぱなしのモノもそうです。
「また出しっぱなしにして!」って怒る前に
しまっちゃう。

なんでできないんだろう?

この思考って怒りしか生みません。

なのでそんなコト考える前に自分でやっちゃうんです。

「なんで出しっぱなしにするんだろう」
そう考えてしまうとイライラするんですよね。

そうじゃなくて何にも考えずにソッコーでしまっちゃう。
「あ、出しっぱなしのモノがある、しまっちゃおう」
これがボクの頭の中にあるもの。

これには怒りはありません。
ただ自分が出しっぱなしが気持ち悪いだけ。
関連記事:これさえあれば不安が消える!セルフマネジメント力を身につける5つの方法

 

 

5、日々の『やるべきこと」を最小限にする。捨てる。諦める。

 

ボクはコドモが生まれてからいろいろな物やコトを捨てました。
例えばゲーム。PS3を持っていて暇なときにやっていたのですが
ボクが優先したいのは『 仕事 』と『 育児 』
なのでムスコが生まれてすぐに捨てました。

あとスマホゲームもたまにやっていたのですが
そんな時間も勿体無いないので。

あとは空手道場に週2で通っていたのですがこれもやめました。
道場は夜6時半〜10時半までだし、頻繁に土日に行事があったりで
奥さんの負担をさらに増やしてまでやっている理由はないかなと。
これは育児が落ち着いた時にまたやりたければやればいいわけですからね。

こんな感じで日常のやるべきことをどんどん減らしました。

コドモが生まれる前までの『 やるべきコト 』にプラスして『 育児 』
にしちゃうから時間がいくらあっても足りなくなってしまうのかなと。

『 やるべきコト 』を最小限にして、『 育児 』を確保する。

そうすれば時間に追われるコトなく、余裕を持って生活ができるのかなと思います。
自分にとって本当に大切なものを大切にするために
捨てることも、諦めることも大事なのかなとボクは考えてます。

 

 

まとめ

コドモがいてもスッキリ暮らせるんです。
大切なのはモノを増やさないこと。
そして部屋のキレイを最小限の労力で維持できる部屋にすること。

そしてコドモのせいにしないこと。

ボクの場合まだコドモが1歳半なのでこれからが大変になることでしょう。
けどボクは今からワクワクしていますよ。

コドモがいてもスッキリ暮らすために試行錯誤することが楽しみなんです。

コドモが何歳になっても今の生活を維持することが目標です。

目標を持つことってとても大切です。
あなたもぜひ何か目標を決めて日々を過ごしてみましょう。

以上、コドモがいてもスッキリ暮らすために大切な5つのことでした!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

sponsored links



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼