FPが教える貯金ゼロのヒトに意識して欲しい6つのコト

こんにちは、ミニマリスト系FPのリムベアーです!
収入が増えても、臨時収入が入ったとしても
夫婦2人で働いていたとしても

やっぱりお金を貯めるコトが
苦手なヒトは貯められないんです。

それは収入は変わっても
意識が変わっていないからなんです。

貯金を増やしたいって本気で思ったとき
まずやるコトは収入を増やすコトではなくて
意識を変えるコトなんです。

そこで今回は貯蓄ゼロのヒトに意識してほしいコト
紹介させていただきますよー。

Sponsored Links


日々の生活にゼイタクを取り入れないでガマンするコトを覚える

 

貯金ゼロのヒトに共通するコト。
それは日々の生活にゼイタクを取り入れてしまっているコト
例えば外食なんかはイチバンわかりやすいですね。

ボクの場合平日に外食をするってコトはほぼありません。
その分休日2日のうちどちらかは
家族で外食をするコトにしています。
ボクの家の外食頻度は週に1回。

大切なのは出費のメリハリなんですね。
平日はゼイタクをせずにガマンして
休日においしいものを食べる。

貯金がゼロのヒトはつねにお金をかけてしまっています。
朝はコンビニで買って、昼はランチのあるお店に入る。

日々にゼイタクを取り入れてしまうと
ドンドンお金がなくなっちゃいますので要注意です。
使うところは使う。使わないところはとことんガマンして節約。

お金を貯めるためにはこの感覚が特に重要です!

関連記事:

 

なんとかなるっていう考え方をやめて計画的に生きる

 

貯金ゼロのヒトは良い意味で楽天的です。
「まあなんとかなるよね」
確かになんとかなっちゃうんですよね人生って。

けどやっぱりお金のコトは計画的に考えてみたいところです。
人生にはお金がかかるタイミングがいくつかあります。
その中でも特に大きいのは住宅費と教育費。

マイホームを建てるとき。
そしてコドモが大学に入学するとき。

そして自分たちの老後の蓄えもしなくちゃいけません。
無計画にお金を使っていってしまうと
上記のような大事なときに苦しい思いをしちゃいますからね。

例えば念願のマイホームを建てるために
頭金+諸費用の500万円を5年間で貯めよう
って目標を立てたとします。

年間で100万円貯金。
というコトは月83,500円を貯めていけば
5年後500万円貯金できるコトになりますよね。

こんな感じで将来の自分たちのために
計画的に生きていきましょう。
お金はあるに越したことありませんから〜。

 

将来的にゴミになりそうなモノを買いにいかない

 

貯金がゼロのヒトは
衝動買いが好きな傾向にあります。
フラッと立ち寄ったお店で一目惚れして買っちゃう。
テレビで芸能人が紹介していたモノを
即決で買っちゃうなどなど。

けど衝動買いで買ったモノって
数ヶ月後ゴミになっている確率高いですよー!
結局衝動買いしたモノって
今の生活に必要ないモノってコトが多いですからね。

必要ないモノは使用頻度も少ないので
自然と存在感がなくなっていく。

そうすると存在自体を忘れて
「あ、これ使ってないなー。
とりあえずクローゼットの奥にしまっちゃお」ってなる。

そして大掃除のときなどに見つけて
「使ってないから捨てちゃお」ってなるわけですね。
お金を使って買ったモノがたいして活躍もせずに
ゴミになった瞬間ですね。

断捨離をするのはとても良いコトです!
けどもっと良いコトって捨てないコト。
将来的に捨てるコトになるモノを
部屋に持ち込まないコト。

何かモノを購入するときは
衝動買いしないでもう一度
しっかりと自分と会議をしましょう。

 

部屋をキレイにする

 

これは必ずといってもいいコトなんですけどね
貯金ゼロのヒトって部屋がキタナイです。

モノがゴチャゴチャしている。
モノがゴチャゴチャしているから
掃除が大変で掃除もあまりしなくなる。
さらに部屋が汚くなる。

まさに悪循環に陥ってしまっています!
FPのボクがよく思うコト。
『 貯金額と部屋のキレイさは密接に関係している 』
ってコト。

部屋がキレイなヒトは貯金額が多い傾向にあるし
貯金額が少ないヒトは部屋がキタナイ傾向にある。

なので貯金ゼロのヒトは
まず部屋をキレイにするところから
はじめてみましょう。

部屋をキレイにすると良いことだらけですよー。
ココロもカラダもスッキリしますからね

 

自分の生活コストを意識する

 

自分の生活コストを意識してますか?
1ヶ月いくらあれば暮らせるのか?
食費はいくらで、住宅コストはいくら。
日用品費はいくらで、外食費はこのくらい。

自分のコストを把握しているのとしていないのでは
年間の貯蓄額に大きな差ができちゃいますからね
ゼヒ意識してみましょう。

貯金ゼロのヒトは自分が月にいくら使っているのか
もっと細かく言うと
何にいくら使っているのかを
把握できていないコトが多いです。

なので収入と支出のバランスが悪く
赤字もしくは少額しか貯金に回せない
ってコトになってしまうんですね。

ちなみにボクの場合は家族3人で
月17万円あれば暮らしていけます。
これがボクの今現在の最低コストです。

この17万円を収入が少しでも上回れば
それが貯金ってコトになります。

貯金を増やしたいって思ったら
まずは自分のコストを把握する。
そして今度は最低限のコストで生活できるようになる。

そうすればあっという間に貯金ゼロ卒業できます!
例えば夫婦共働きで
世帯月収(旦那さんと奥さんの給料の月額合計)が
33万円(旦那さん25万円+奥さん8万円)だったとしますね。

生活コストに33万円かけてしまっているから
貯金ゼロなんです。

ではこれを月23万円で生活できるようになるとどうでしょう。
33万円 ー 23万円 = 10万円
月10万円貯金できるコトになりますね。

そうすると年間で考えてみると
10万円 × 12ヶ月 = 120万円
年間で120万円貯金できちゃいますね。

この生活を10年続けるとどうでしょう。
120万円 × 10年 = 1,200万円
夢の1,000万円代の貯金が可能になっちゃいます!

まずは自分たちの生活コストを把握してみましょう。
そして削れるところは削って
最低限のコストを出してみる。

 

持ち物にコダワリを持つ

 

貯金ゼロのヒトはモノへのコダワリが
あまりないように感じます。
コダワリがないからなんでも買っちゃう。

例えばイチバンわかりやすい
洋服を例にとってみてみましょう。
ボクなんかは洋服がものすごく少ないです
なので衣替えなんて何年もしてません

さぞコダワリがないのだろうとお思いでしょう。
けどボクコダワリまくってるんです。
それはファッションが好きだからですね。

ではなぜ少ないのか?
それはひとつひとつにコダワリを持っているから。
ボクの場合はトップスはコレ。
パンツはコレ。ソックスはコレ。アウターはコレ。
的な具合で全部ブランドが決まっているんです。
死ぬほど考え抜いて選んだモノたちなので
ひとつひとつに愛着があります。

なので今使っているモノがダメになったら
また同じモノを買います。
日々のファッションのバリエーションなんて
必要ありませんので
毎日同じような格好をしています。

「いつも同じような格好してるね」って
よくディスられます。
けどコレはボクにとったらホメコトバ
ブレてないってコトですからね。

ではコダワリがないとどうなるでしょう。
・ジャンルが定まっていないので
いろんなジャンルに手を出してしまう。

・特に好きな服がないので
良いなって思ったらすぐ買ってしまう。

・自分の持っている洋服がうる覚えで
同じような洋服を何個も買ってしまう。

結果ドンドンお金がかかるし
ゴミも増えちゃいます。

お金を増やしたいなら
まずは自分の持ち物を
徹底的にこだわってみましょう。

モノに愛を持てば
自然とモノも減るし、お金も貯まりますよ。

 

まとめ

 

それでは最後に復習してみましょう。

  1. 日々の生活にゼイタクを取り入れない
  2. 計画的に日々を過ごす
  3. ゴミになりそうなモノを買わない
  4. 部屋をキレイにする
  5. 自分の生活コストを意識する
  6. 持ち物にコダワリをもつ

貯金ゼロってコトは大変キケンな状態です
何か予期せぬコトがおこったら
そこで破綻しちゃうかもしれないからですね。

あなたの大切な家族を守るためにも
今回紹介した6つのコトを意識して
少しずつで良いので貯金を増やしていきましょう。

まずは年収の半分を目標にして貯金がんばりましょう。
それが達成できたら次は年収分貯金。

未来の自分と家族のために
毎日幸せのタネを蒔きましょう。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

家計の不安やモヤモヤをスッキリさせる
対面&ネット電話での家計相談スタートしました。

 ▶︎詳しく見てみる 

 

 

sponsored links