「手に入れる」よりも「手放す」ことが大切です

現代はモノも情報も溢れかえっちゃってます。
これからの時代は捨てること、手放すことが大切になってきます。
そこで今日は捨てること、手放すことの大切さについて紹介させていただきたいと思います。

Sponsored Links


モノも情報もありすぎている現代社会

 

ボクたちが生きていること時代はホント便利です。
インターネットでカンタンに商品を注文できてスグ届いちゃう。
図書館に行かなくても調べ物は家でインターネットで検索すればスグ出てきちゃう。
スバラシイ時代になったものですね。
しかしこの超便利な世の中のせいで昔よりもモノに悩まされている人が増えています。

 

持ちすぎている人は「手に入れる」ことに意識がいきすぎてしまっている

 

何も考えず誘惑に流されるままにモノを購入していってしまうと大変なことになります。
部屋はモノだらけ。買ったけどそんなに使わないモノとか、全然使わないモノなんかも出てきてしまう。

持ちすぎている人は「手に入れる」っていう行為に意識がいきすぎてしまっているんですね。
「欲しいモノを手に入れる」ことが目的のようになってしまっているため
何かを手に入れたらそこで満足してしまって、またスグ次の欲しいモノが出てくる。
そしてまた手に入れるとスグに次の欲しいモノが出てくるの永遠ループです。

これではお金も無くなるし、モノが増えて部屋が散らかってしまいます。

関連記事:お金も貯めたいし部屋もキレイにしたいあなたへ!とっておきの方法教えます。
関連記事:モノに溢れた部屋にウンザリしてる人に伝えたい!今スグできる意識改革

 

モノがたくさんある恵まれた時代だからこそ「手放す」ことが大切になってくる

 

これからの時代は手に入れることよりも「手放すこと」が大切になってきます。
モノや情報がありすぎるからこそ、自分でしっかりと考えて必要な情報やモノのみピックアップして
そのほかいらないモノは手放していく。

情報に流されるままになってしまうとあっという間にモノだらけになっちゃいます。
ドンドン手放す。そして常に自分と会話することが大切です。

「これってホントに必要なの?」
「これ同じようなの持っているけどそれでも買うの?」
「これ全然使っていないけど持っている意味あるの?」

関連記事:モノに苦しめられている方に伝えたい5つのこと

 

捨てることを恐れない

 

何かを捨てようと思った時、捨てることに慣れていない人はきっとこんなことが頭をよぎることでしょう。
「もしかしたら使うかもしれない」
けどね、これってほぼきませんので大丈夫。

ドンドン捨てていきましょう。捨てることは悪いことではありませんよー。
過去に執着せずこれからの人生を生きるために過去の遺物はドンドン捨てましょう。
後ろを振り返って後悔してはいけません。前を見てドンドン捨てていくんです。

捨てるときは「今までありがとう」と言ってあげましょうね。
そして今後はこの捨てる辛さを忘れないでいましょう。
そうすれば気軽にモノを買わなくなります。慎重にモノを選べるようになります。

 

すべては手放すことからはじまる

 

ドンドン捨てていきましょう。そして身軽になって今後の人生を楽しく生きていきましょう。
すべては捨てることからはじまります。ゴミ袋を持ってさあ始めようじゃありませんか。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

家計の不安やモヤモヤをスッキリさせる
対面&ネット電話での家計相談スタートしました。

 ▶︎詳しく見てみる 

 

 

sponsored links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA