自分のコストを知ればお金が貯まる。ミニマリスト的コスト管理術

 

みなさんは自分のコスト把握していますか?
コストとはあなたが1ヶ月生活する上で最低限必要なお金のこと。
このコスト知っているのと知っていないのとでは貯蓄額に大きな差がてできてしまいます。
さらに自分コストを知っていると色々な良いことがあります!
なのでぜひコストを把握することをオススメしますよー。

Sponsored Links


良いことその1『 自然と家計管理できるようになる 』

 

コストを意識しだすと必ず必要になってくること。
それは家計簿ですね。日々の支出を管理することで自分コストがわかるわけですから
自然と家計管理ができるようになります。今月は洋服にいくら使ったかな?
とか電気代今月高かったなーとか外食にお金使いすぎたーとかわかっちゃうわけですよ。
この自分との会話がすごく大切なんです。

 

良いことその2『 貯金の長期目標を立てやすくなる 』

 

自分コストがわかってくると月々いくら貯金できるのかもわかるようになってきますね。
例えばあなたのコストが15万円だったとしましょう。
お給料が20万円だった場合
お給料20万円 ー コスト15万円 = 5万円。
この5万円が月額の貯金額になりますね。
ということは1年間で
5万円 × 12ヶ月 =60万円貯金できるということ。
1000万円貯金したい場合、現在の生活をしていけば17年後に目標達成できます。
このように長期的な目標が立てやすくなるのも自分コストを把握するメリットです。

 

良いことその3『 将来が不安じゃなくなる 』

 

自分コストを知ると今の貯金で何年暮らせるかわかりますよね。
例えば上の例に挙げた人の場合
月のコストは15万円。仮に貯金が360万円あるとすると
働かなかくても2年間は生きていけるということになりますね。

これを知っておくって結構大事ですよ。
貯金がない人はもし明日会社をクビになったら明日から路頭に迷うことになります。
しかし例にした人なら2年間無収入でも生きていけますからねー。
それと社会で働いている以上ストレスからは逃れられません。

嫌な思いをすることだってあるでしょう。
「もう会社やめちゃおうかなー」なんて思うことだってあります。
ボクなんてしょっちゅうです(汗)
そんな時貯金がない人は「けどこの会社を辞めたら生活できないから続けるしかない」ってなります。

けど例に挙げた人はどうでしょう。
「やめちゃおうかなー。どうせやめても2年間生きていけるしね。」
こう思えることってかなり心強いです。だって実際にやめちゃっても良いんですから。
ボクの場合「いつでもやめれるしもう少しやってみよう。

いつでもやめれるし失敗なんて怖くないもんね。もっと上司に強く意見しちゃおう」ってなります。
意外とビビってる方が失敗しますし、このくらいデカク行った方が不思議なものでうまくいくんですよね。

 

自分コストを知ってココロに余裕を持って生きていこう

 

例えば給料が上がったとしたら半数以上の人が生活水準を上げてしまいます。
そうじゃなくて給料が上がってもボーナスがたくさんもらえても、今回調べた自分コストで生活をする。
自分の最低限を知って余裕を持って日々を生きていきましょう。

sponsored links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA