節約家とケチは違う!ミニマリストが教える節約家の特徴

みなさん節約頑張っていますか?
何も考えずお金を使ってしまっていると、あっという間になくなってしまいますよね。
有限なお金を有効活用できるよう
みなさん試行錯誤を繰り返しながら節約を頑張っていることと思います。

ボクも日々節約に勤しんでおります!節約のプロといってください。
そんな節約家のボクですが、周りを見ていると間違った節約をしている方を時々見かけます。
そういう方は節約とケチが混ざっているように感じます。

そこで今日は節約家とケチの違いについて紹介したいと思います。
もし自分がケチになってしまっていたら、是非とも節約家になれるよう方向転換していきましょうね。

Sponsored Links


ケチの特徴とは

 

まずケチについて説明したいと思います。
ケチな人とはカンタンに言うと必要なものまでお金のために削ってしまう人のことです。
例えば食費。人間は食事をしないと生きていけません。
食べたモノはその人の血となり肉となるわけですねー。とても大切にしなくてはいけない項目の一つです。
しかしケチな人はココを削ろうとします。
「食費週〇〇円で節約中!」的なモノをSNSにUPしてるのをたまに見かけますけどこれ間違いです!
逆にコスパ悪いですからね。

 

食費を削ったことによるの代償

 

生命活動を左右する食を削るとどんなことが起こるでしょうか?
栄養が足らず、本来のパフォーマンスを発揮できず仕事でミスをする。
栄養不足で肌荒れして医療費がかさむ。免疫力が低下して病気にかかりやすくなる。
集中力が続かず事故なんて起こしたらホント最悪ですねー。
以上のように体のパフォーマンスが著しく下がります。

 

節約家は食費を削らない

 

逆に節約家は食費を削りません。といっても贅沢をするということではありませんよー。
食は体への投資ということをわかっているからです。
栄養を考えた食事を3食きっちりと食べて体調管理をしっかりしているのが節約家。

 

使うところは使う!使わないところは絶対使わない!これが節約家

 

そうです、節約家は支出にメリハリがあるんですね。
真夏にエアコンを使うとお金がかかるからって一切使わず、寝不足で体調を崩しているのはケチ。
寝不足は体に良くないし仕事にも影響が出るため、寝る時はエアコンをしっかりつけて寝るのが節約家です。

 

節約は本来楽しいモノ

 

あなたのやっている節約は苦しいですか?それとも楽しいですか?
もし苦しいなって思っている方は間違った節約をしている可能性があります!
本来節約って楽しいものですよね。だって何か目標があってそれに向けて節約するんですからね。
ボクの家にはハワイ貯金というモノがあります。文字通りハワイ旅行に行くための貯金です。
現在100万円ほど貯まっています。

日頃は水筒に水道水を入れて飲み代を節約しているボクですが
その時がきたらこの100万円はパァーっと使っちゃいます!そのために頑張ってきましたからね。
ハワイを思い浮かべながら、自販機には目もくれず!スタバにも目をくれず!ひたすら水道水を飲む日々ですよ。
きっと8割ほどが辛そうって思うことでしょう。
けどボクやってて超楽しいです!だってその節約が確実にボクをハワイに近づけてくれてるんですから。

 

支出のメリハリをつけて、あなたも節約家デビュー

 

そう考えると楽しくなってきませんか?残念ながら日々節約はしない
けど楽しいこともしたいっていうのは難易度超高いですよ。お金がいくらあっても足りません
。老後が心配な浪費家一直線!

そうじゃなくて支出にメリハリをつける。削れる無駄なところはとことん削って
使うところは惜しみなく使う。これが正しい節約です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

↑ブログランキングに参加中。
ポチッと押して応援いてもらえると嬉しいです!

sponsored links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA