貯められないのは把握できていないから。ミニマリストが教えるお金を貯める家計簿の書き方

「なんで貯金ができないんだろう?」
「高収入のはずなのに月末になるといつもお金がなくなっちゃう」
などお金に関する悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?

ボクも昔はそうでした。月末になるとお金がスッキリ無くなっちゃうんです。
当時は実家暮らしだったしゼイタクなんてしていないはずなのに、、、不思議でしたよーホント!
けどそれって今考えると当然だったなって思います(汗)

Sponsored Links


それはお金の出入りが把握できていないから

 

なぜ月末になるとお金がなくなってしまうのか?
答えはチョーカンタンで、お金の出入りが把握できていないからです。
お金の出入りを把握するために家計簿っていう便利なモノがあるんですね。
なので家計簿をつけている家庭とつけていない家庭では
長期的な貯蓄額で大きな差が出てしまうんです。

 

さらにあります!家計簿をつけると良いコト

 

さらに家計簿をつけると良いことがあります。それは家計のムダを把握しやすいことです。
家計簿をつけていると1ヶ月の支出の記録が残っていますから
自分たちが何にいくら使っているのかということを目で見ることができます。

例えば洋服はいくら買った。外食にはいくら使った。ビールやタバコにはいくら使ったなどなど。
家計簿をつけずに感覚で過ごしているとこれができないんですね。
人間の記憶力なんてたかが知れていますから1ヶ月前の支出なんて覚えていられません。
1ヶ月経った家計簿を見ると「うわー私ってこんなに洋服買ってたんだ」とか
「外食費ってこんなかかってたの?!」など驚くこともあるかもしれません。

 

市販の家計簿は複雑でわかりにくい!無印のノート一冊で十分ですよ

 

家計簿って大事なんだ、早速家計簿買わなくちゃ!って思ったあなた。
その行動力すばらしいです!けどちょっと待ってください。
市販されている家計簿は色々な機能がついていて使い方が複雑です。

シンプルじゃないんです。使いこなせれば最高の家計簿なのですが
初心者の方が手を出すと挫折してしまうでしょう。
なのでボクがオススメしてるのはノートに書くだけの家計簿です。

複雑だから続かなくなってしまうんですね。物事はシンプルにする。
難しいことするのは慣れてきてからで十分。まずはダイソーでも無印良品でもセリアでも良いので
ノートを一冊買ってきて、そこに1ヶ月の支出をただただ書き込んでいきましょう。

 

1ヶ月経ったあとに何を見るのか?ポイントを説明します。

 

1ヶ月ノートに支出を全て書き込んだら
(会社の帳簿ではないので少し抜けても問題なしですよ)
次は浪費だなって思う支出に◯をつけてきます。
仕事帰りについつい買ってしまうお菓子やジュース。
必要以上に飲んじゃうビールやタバコ。衝動買いしてしまった洋服など。
要は思い返してみてイヤ〜な気持ちになるものが浪費です。

その浪費の合計金額を出してみましょう。どうですか?ビックリする金額になってはいませんか?
そしたら次の月はその浪費を意識的に削って生活してみる。
これを繰り返せばお金が貯まります!

 

大切なのはムダを削り本当に必要なモノだけで生活するということ

 

家計簿をつけると家計のムダが見えてくるんですね。
お金を貯められない人はどうしてもこのムダな支出が多い傾向にあります。
ムダを削る。そして本当に自分に必要なモノだけで生活する。

そうするとこんな思考になっていきます。
「あこれ可愛い!欲しい!、、けど今の生活には必要ないからいらないや」
「え、これ現品限り!マジ!けどきっと買っても着るかどうかわからないからいらない」
などなど自分にとって必要なものと必要じゃないものがハッキリとわかるようになるんです。
まずは自分の支出を把握してみましょう。お金持ちへの道はそこからです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

↑ブログランキングに参加中。
ポチッと押して応援いてもらえると嬉しいです!

sponsored links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA