これで散財を防ぐ!集計結果を元にした散財防止ポイント徹底解説!

今年こそムダなことで散財しないようにしたい
今年こそ浪費グセを直したい
浪費はしたくないけど何をどう気をつければいいのかわからない

昨日更新した記事の『 過去NO.1の無駄遣いランキング結果発表 』
で使用したアンケート結果。この集計結果をもとにしまして
ランキング上位に入っている散財ポイントを
さらに深くみていくことで、今年こそは散財を防ぐ方法を徹底解説していきます!

ボクの意見というよりは集計データをもとにした客観的な意見になるので
より役に立てるのではないかと思っています。

今年こそは散財グセを直して、適度に貯金、適度に浪費して楽しくいきましょう!

Sponsored Links


過去ベスト1のムダ遣いランキング

 

まずは昨日アップしたこちらの記事をご覧ください。
関連記事:みんなが後悔している過去ナンバー1の無駄遣いランキング結果発表!!

過去No.1で後悔している無駄遣いを簡単なアンケートをとりまして
結果は上記の画像のようになりました。

過去ナンバー1の無駄遣いランキング
1位 被服費
2位 学校・教室費用
3位 エステ・脱毛費用
4位 車・バイク関連費用
5位 コレクション費用
6位 補正下着
7位 ダイエット費用
8位 ブランド品購入費用
9位 詐欺被害
10位 ゲームセンター
11位 美顔器

今回のアンケートでいただいた1つ1つの意見が
とても参考になる貴重なものだと感じましたので
この記事ではそれらをさらに深くみていきたいと思います!

 

 

被服費の散財は長期的な視野を持って防ぐ!

まずはダントツで1位をとった【 被服費 】について。
これはおそらくほとんどの方が何かしらで後悔している経験を持っているのではないでしょうか?

ボク自身昔は服に大金をかけていまして
と言ってもオシャレに敏感だったというよりは
迷走していたという言葉の方が合っていますね(汗)

自分にどんな洋服が似合うのかがわからず
無駄に流行りを追って毎シーズン洋服を買っていました。

数万円のダブルのライダースジャケットを購入したけど
結局に合わずに一度も着ないまま捨てたり(恥)

【被服費】は手軽にできちゃう要注意な散財ポイントですので
まずはここを抑えておきましょう!

ちなみに後悔している無駄遣いに【被服費】を選んだ方の男女比はこんな感じでした。

女性 95%
男性 5%

圧倒的に女性が多かったです。
なので女性は特に注意していきましょう。

 

 

セール・衝動買い・ストレス発散買いは後悔の元

 

アンケートでいただいた意見を見ていくとキーワードはこんな感じでした。

・なんとなく、、、
・まあいいかで買った、、、
・セール時に、、、
・安いから勢いで、、、
・ストレス発散のために、、、
・流行りに乗って買ったけど、、、

つまりは【 衝動買い 】がやはり無駄遣いのポイントになるってことかなと思います。

逆に言えば、ウィンドウショッピング中にこんな言葉が頭をよぎった時は
そっとその洋服を戻して家に帰った方が
後の後悔を激減させることができるってことですね。

え!50%OFFなの!買っちゃおうかな?
とりあえず可愛いし、流行ってるみたいだから買っておこうかな?
あ〜イライラする〜。何か買って発散させなきゃ

 

 

使用頻度の低い高級品には気をつける!

あと以外にあるな〜と思ったのが【 着物とドレス 】
着物は趣味的な要素があるのかな?と思うのですが
ドレスは友人の結婚式用に買った数度しか着ない高額なドレスという意見。

ドレスは数万円〜って感じかと思うのですが
着物は30万円以上の意見が多かったです。

つまりはこういうことなのかな〜と思いました。

年に数回使うかどうかのモノに数万円〜数十万円をかけたことに後悔している。(無駄遣いだったと思っている)

確かに年に数回使うものに何万円も使うのはちょっともったいない気もしますね。
女性は特に大変ですよね。
男の場合はスーツを1〜2着くらい持っていれば
体型が変わらない限り使いまわせちゃいますが
女性はそうはいきませんもんね。

ここに後悔しないためにはやっぱり今流行りの
【レンタル】を活用するのが良いのかなと思いました。

今は家具もレンタルできるようですしね!ホント面白い時代がやってきましたねー。

レンタルすれば数万円〜数十万円のモノが少額でレンタルできて
さらにその年に数回しか使わないものを部屋に置いておく必要もなくなりますもんね。
そしてメンテナンスも必要なし!

 

 

夜のネットショッピングタイムは要注意!

 

あとは個人的に気になったのはこんな意見。

・夜に酔っ払っている時にヤフオクで購入した4万円の洋服

浪費のゴールデンタイムと呼ばれている夜!
さらに判断能力を落としてしまうアルコール!

この2つが合体するともう散財フィーバータイムになってしまうかもですね(汗)

これは以前インスタグラムでも紹介したデータなのですが
ネットショップの1番売り上げが良い曜日と時間は
【 火曜日〜木曜日までの21時以降 】なんだそうです。

要は仕事のストレスと1日の疲れが溜まっていて
判断能力が鈍り、さらにストレスを発散しようと
ネットショッピングに走ってしまうってことかなと。
(暇だってこともあると思いますが、、、)

夜のネットショッピングには注意が必要ですね。

 

 

通信教育やジム会費は挫折率高し!確固たる意志が必要かも

被服費の次に多かったのは【通信教育・ジム会費】
キーワードはこんな感じでした。

・入ったけど数回で、、、
・申し込んだけど、、、
・会費払ったけど通わなかった、、、
・結局やらなかった、、、
・テキスト買ったけど読まずに終わった、、、

やるぞ!ってなったけど続かなかった。
三日坊主になってしまったということが無駄遣いだと思うポイントのようですね。

特に通信教育とジムの挫折率高し!

確かにモチベーションの維持って超難しいですよね。
ボク自身最近ツイッターに挑戦していますが三日坊主気味。。。(汗)

もちろん挑戦することは大事なのですが
その資格なり、体型維持、健康維持のジムなり
確固たる意志がないと、明確な目標がないと挫折してしまうってことですね。

あとは勿体無いなって個人的に感じたのは
行っていないジムや教室の会費を払い続けているって意見。
これはもったいないです!

挑戦することも大事ですが諦めることも大事です。

「うん、もうムリだな」

そう感じたら即解約した方が良いかもですね。
それか休会システムがあるならそれを使いましょう。
時間を置いたらまたやりたくなるかもしれませんしね。

 

 

女性は注意!エステ・脱毛・ダイエットは上限を決めて、補助的に考える

女性の【エステ・脱毛・ダイエット費用】
これは自分を磨くための自己投資とも考えられるので決して悪いものじゃないですよね。
むしろポジティブな要素があるものだなとさえ思います。

ただし、やはり家計を圧迫するような金額をかけてしまったり
ローンを背負うことになると話は違ってきちゃいます。

よく見られたキーワードはこんな感じ。

・その時は痩せたけど、、、
・数十万使ったけど結局リバウンド、、、
・ローン組んで、、、

ボクはエステがどのようなものかよくわかりませんが
もちろん効果はあるんだと思います。
ただし、その効果は【 継続 】がありきなのかなと。

そして自分の頑張りも必要なのかなと感じます。
エステに行ったから痩せるわけではなくて
ダイエットサプリを飲んでいるから痩せるわけではなくて
プラスして自分の生活習慣を改善していくことが重要なのかなと。

エステやダイエット用品はメインではなくて
補助的に考えるのが良いのかなと感じました。

そしてこの辺はギャンブルと同じで依存性もあるのかなと思います。

『 結果が出ないからもっとお金をかけないと 』とか

結果が出ないのが補助的なエステやダイエット用品に要因があるんじゃないかと
どんどんお金を使ってしまうなんてこともあるのかなと思うわけです。

そんな時は【 上限 】を決めてあげるのがベストですね。
月いくらって予算を組んであげてその範囲内で自分を磨いていく!

sponsored links


 

ラクして儲かる話などない?!詐欺被害について

詐欺関係についてはボクが言えることはこれだけです。

簡単に楽して儲けられるという案件を、知らない人に教えるはずがない

多分楽して儲けられることなんてこの世にないのではないでしょうかね?
もしも楽して儲けているなと感じる人がいるのなら
それは過去の努力や経験があって現在の姿があるのかもしれません。

・儲かる話が、、、
・あなただけに特別に、、、
・楽して稼げる副業が、、、

などなどこんなワードがある話はまず疑ったほうがリスクは少ないですよね。
もちろんボクはそういうのは基本無視してるので
もしかしたら本当にそのようなことがあるのかもしれません。

ただその確率ってめちゃめちゃ低いし
まずないと思っていた方が良いのかなと思います。

 

 

日々の習慣にできるかがカギ!高額な美顔器を有効活用

以外に多かったのが【 高額な美顔器 】で後悔してるよって方。
いただいたアンケート結果では安いもので10万円。
一番高額なものだと40万円という方がいました!

美顔器ってどういうものかわかりませんが高いんですね(汗)

けど、後悔している方はそんなに高かったものをすぐに使わなくなってしまったとのことでした。
これはもったいないですね。
せっかく高いお金を買ったんですからね、ぜひ使いたいものです。

それには【 習慣化できなかった 】という理由があるのかなと思います。
美顔器を使用するっていう動作を日常の生活に定着できなかった。

もしも仮にボクが美顔器を買ったなら
まず日々の生活に定着させるために使う時間を決めちゃいます。

例えば『 お風呂上がってから30分使う 』とか
『 歯磨きした後に30分使う 』なんて具合に
出来るだけ具体的にイメージできように決めちゃいますね。

一般的に人って習慣にするためには21日継続が必要だなんて言われていますよね。

 

 

ブランド品はローンで買うべからず

以外と下位にランクインした【ブランド品】
印象的だった意見は以下のものです。

・見栄を張って人と比べては羨ましがり、、、
・学生時代にクレカで買ったブランド品。簡単に手に入るから簡単に手放してしまった

まず見栄で買うと後悔することになるってこと。
あとは高額なブランド品をクレカであっさりと購入して
思い入れもないから簡単に手放してしまったってこと。

これはなんかわかる気がしますね。
なんでもそうなんですが、毎月定額を積み立てていって
我慢して我慢してようやく手に入れる。

この過程が大事だなってボクは思っていまして
まさにこの考え方を象徴する意見でした。

ある研究によると人は準備段階が一番幸福感を感じるんだとか。
例えば旅行。
一番幸福度が高いのは旅行に行くまでの準備段階。
いざ旅行に行ってしまうと、もちろん幸福は感じるけど
準備段階の幸福感には負けちゃうらしいです。

高額な何かが欲しくなったとします。
そしたらそれを思い浮かべながらコツコツお金を貯めるわけです。
そうするとそのお金を貯めている数ヶ月が最高の幸せを運んでくれるわけですね。

ブランド品は買うべくして買う。

誰かの目線を気にするんじゃなくて
背伸びして借金をするんじゃなくて

背伸びしてコツコツお金を貯めて購入する。

これがベストなのかなと感じました。

 

 

便利だけど車って超金食いむし?!

車は男性の意見が100%でした!
そうなんですよね、男はどうしても車に一度は狂いがち、、、。
都市部ではそうじゃないとは思うんですが
地方はまだまだこの傾向が強いように感じますね。

車は超便利です!
ボクも一台所有していますが活動範囲も広がるし
何より子育て世代には授乳室になったり、オムツ替えできたり
寝かせることもできるので最高に重宝するもの。

ただし、【 見た目 】に凝ってしまうと
どうしても後悔するリスクが上がりますよね(汗)

・車の改造費が、、、
・身の丈に合わない車を新車で、、、
・見た目重視で燃費の悪い外車を、、、

結局は購入後の維持費で後悔しているのかなと感じました。
ローンで購入すれば返済分もプラスされるので、ただでさえ高額な車の維持費が跳ね上がるし
見た目重視の燃費の悪い車はガソリン代が跳ね上がる。

最初はカッコよくて良かったけど
だんだんそれに伴う出て行くお金の多さに後悔してしまうのかなと。

反面でこんな意見もありました。

・安いからと購入を決めた車
・妥協して選んだ車の購入費用

購入資金や維持費を考えて選んではみたものの
高額な買い物なので簡単に何回もできるわけではないので
やぱり妥協せずに選べば良かったということ。

そうなんですよね、車って頻繁に換えるものじゃないですからね。
妥協して選んだらその後何年も妥協しながら乗り続けることになってしまう。
結果後悔を感じるということですね。

車は難しい!
ちなみにボクは今度買い換える時はこんな感じで選ぼうと思ってます。

・中古(3年以内くらい)
・一括購入できるもの(100〜150万円)
・安全性重視
・燃費重視
・軽自動車のワゴンタイプ

昔は車は自分を表現するものだなんて思っていましたけど
今はただの移動手段(笑)

 

 

まとめ:2019年こそ散財とサヨナラしよう

それでは最後に復習です。

散財防止ポイント
1、洋服は長期的な視野を持って選ぶ
2、使用頻度の低い高額なモノはレンタルする
3、通信教育・ジムは確固たる意志ができるまでやらない
4、エステ・脱毛・ダイエットは上限(予算)を決めて補助的に捉える
5、楽して儲かる系は基本信じない
6、ブランド品はローンで買うべからず
7、車の購入は慎重に。

この7点を意識しながら生活していけば、かなりの確率で散財は防げます!
何れにしても基本は同じです。

・長期的な視野を持って熟考して選ぶこと

今年こそは散財グセを直して、適度に貯金、適度に浪費して楽しくいきましょう!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

家計の不安やモヤモヤをスッキリさせる
対面&ネット電話での家計相談スタートしました。

 ▶︎詳しく見てみる 

 

 

sponsored links



▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼